国内ドラマ

グランメゾン東京5話あらすじネタバレを紹介【ラストに衝撃の展開が!】

グランメゾン東京5話のネタバレ
グランメゾン東京5話のあらすじやネタバレをご紹介します!

グランメゾン東京は5話でついにオープンを迎えます。ところが冒頭からトラブルの連続、順調に進まず悪戦苦闘します。

そして、5話ではエスコフィユのアレルギー事件の犯人が判明、そして衝撃の展開を迎えます!

リンダの記事で予約のキャンセルが続く

プレオープンのレビューとしてリンダは記事内に尾花の名前を記載します。

このことが原因でアレルギー事件の張本人が在籍するレストラントいう噂が流れ、せっかくの予約もキャンセルが続き、順調ではないスタートを切ります。

リンダがなぜ尾花の名前を公開したのかというと、決して復讐のためではなく、掲載することで真犯人を炙り出せるのではないか?という推測からでした。

余った食材の利用と、集客を兼ねてカレーのフードフェスに出店

予約キャンセルが続き、余った食材を無駄にしないためと、予約が入らない状況を打破し、集客をかけるために尾花の提案でカレーのフードフェスに出店することにします。

フードフェスにはグランメゾン東京を出さず、萌絵が「期間限定・激ウマBグルメ店「スリースターズ」と命名します。

祥平がフードフェスを手伝うことに

一方、祥平は婚約者の美優の父親・蛯名の力を借りて資金援助や、ジビエロースを仕入れていた真意が蛯名にバレてしまいます。

事件の汚名があるレストランとは、付き合うなという忠告をしていた蛯名は自分が祥平に騙されていたことに憤慨し、婚約破棄を言い渡し、これに対し祥平は、グランメゾンは良いレストランだ!と言い返し、婚約を破談にしてしまいます。

そのことに納得できない美優は、グランメゾンに出向き、尾花に婚約破棄になったのは全てお前のせいだ!と言い放ちます。

何も知らなかった尾花と倫子は呆気に取られてしまい、困惑しますが祥平がフレンチをやめて実家に帰ると言い出したため、フードフェスの手伝いをするように提案します。

ナッツ混入の犯人は祥平ということが判明

一方、gaku丹後はナッツの混入犯人が祥平ではないか?と気づき始め本人に問いかけ認めさせます。

なぜ気づき始めたのかというと、誰よりも尾花のことを慕っていた祥平なのになぜか皆がグランメゾン東京に加わる中自分だけが加わらない。

そして資金調達や食材調達のバックアップをして陰ながらグランメゾン東京を助けている点、急にフレンチを止めると言い出した点など明らかに怪しいと思ったからです。

尾花の存在が出店停止へ。SNSでは炎上する

最初は反響もイマイチだったものの、カレーやハンバーガーなどジビエ料理をベースにした料理を開発し、口コミで話題となり一気に人気店になります。

ところが、またもやアレルギー事件の尾花が在籍することを理由にフードフェスの出店をも止められSNSで炎上してしまいます。

危機に陥ったグランメゾン東京は、汚名返上のため京野が俺がナッツ混入の犯人だと嘘をつき名乗り出ます。

ところが尾花そんなことありえないと言い返し認めません。

そんな状況に見かねた祥平は、ついに尾花に自分が誤ってオイルナッツを使ってしまったことを打ち明けますが、尾花は何事もなかったかのように祥平を責めずにフレンチをやめるなと言い聞かせ、その優しさに祥平は涙します。

gakuの新メンバーは祥平

その後、祥平はホテルを辞めますがフレンチの道は続けることになり、なんとgakuの新メンバーとして登場します。

なんとも先が読めい衝撃の展開になりましたが、6話目も楽しみですね!

グランメゾン東京「5話」見逃しフル動画配信!お得に無料視聴する方法【11月17日放送分】 一番お得に無料視聴する方法をご紹介してみたいと思います! ※ 第5話:2019年11月17日に地上波放送されました ...