国内ドラマ

「ビューティフルライフ」ドラマ4話のあらすじと感想!田辺のおばちゃんはあの声優さん?クセのあるセリフにも注目

少しだけ近づきまた離れていく……

柊ニと杏子は寄り添えるのでしょうか?ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~第4話「会いたい」のあらすじ・キャストの魅力・レビューをご紹介いたします。

「ビューティフルライフ」ドラマ3話のあらすじと感想!悟のヘアデザイン盗用が急展開を見せる?杏子の一生懸命な気持ちが止まらない、柊ニはその気持ちにどう答えるのか… ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~第3話のあらすじ・...

第4話のあらすじ・キャスト

柊ニ(木村拓哉)の新しいヘアデザインが完成。念願のトップスタイリストに昇格した柊ニ。

杏子(常盤貴子)にその喜びを伝えようと図書館に行きますが、杏子はボランティアスタッフの美山(的場浩司)たちと海外旅行に出かけていました。

知らされていなかった柊ニはショックを受けます。

その後も杏子のよそよそしい態度が続き柊ニは戸惑います。杏子が柊ニに他人行儀になったのは訳がありました。

兄・正夫(渡部篤郎)の縁談が破談になってしまったのは車イスの妹がいるからという理由だったのです。

そのことを気に病んだ杏子は柊ニと距離を置こうと決めたのでした。

佐千絵(水野美紀)から杏子の本当の気持ちを聞いた柊ニは杏子をドライブに誘います。

4話目のキャストと注目ポイント

  • 沖島柊ニ役…木村拓哉 前回でかなり押した分、そっけない杏子の態度に当惑します。でも気持ちを切り替えて、サラリと受け止めてくれるのは流石の男前です。
  • 町田杏子役…常盤貴子 またまた気持ちにストップ! 柊ニを想う気持ちを抑えようと懸命になります。笑顔はなくその表情は曇りがち。
  • 正夫役…渡部篤郎 どこまでも妹思いなお兄ちゃん。恋に縁遠いのはその鈍感さにあり?とも思ったり。
  • 佐千絵役…水野美紀 冷静に杏子の気持ちを代弁してくれる頼もしい存在なのは変わらず。恋する気持ちもどこか的外れで可愛すぎ!

4話目の「会いたい」を視聴した感想レビュー

このドラマに救いがあるとすれば柊ニと杏子ちゃんの他愛無いひとコマがとっても愛おしいということ!

ちなみに『救いがない』というのはおもしろくないという意味ではないです。だからこそドラマが結末に向かっていると思うと本当に切ない気持ちになってしまうのです。

ふたりが心の声(モノローグ)で話す言葉が重く悲哀に満ちたものなので、よりそう思ってしまうのかも知れません。

人生には美しい瞬間も悲しみに暮れる時間もあるということなのでしょうね。

田辺のおばちゃんは、初代ジャンアンのママ、ジャイ子を担当していた声優さん。懐かしい!

お見合いを頑張る正夫お兄ちゃんの展開が面白いです!

仲人さん=田辺のおばちゃん!お見合いなんだからちゃんと釣書に書かなきゃだめじゃない。

「タイミング間違っちゃたから」と謝る声に聞き覚えがありすぎて思わず笑ってしまいました。青木和代さんという女優さんで声優さんとしても活躍されているそうです。

どこで聞いたのだろうとしばし考えましたが、ドラえもんのジャイアンの母ちゃんとジャイ子でした!(2005年まで放映されたテレビ朝日版第1期)

まあ、そんな理由で断るご家庭とは上手くいくはずないし、田辺のおばちゃんもジャイ子だったし許すとします。

キムタクの演技力がさらに際立って来ました

同じような理由でときどきクスっとなってしまうのがキムタク様。

全く持ってご本人の責任ではありませんが、甲高い大きな声を出すキムタクがモノマネのあの方と重なってしまいます!

それだけモノマネの方が似ているということにもなりますが、キムタクがキムタクらしい演技をしているということなのかも。

何を演じていてもキムタクになってしまうと言われがちですが、これは彼にしかできない演者としての魅力のような気もします。

上手いというか絶妙というか、どこからどこまでがセリフをしゃべっていて、どこがアドリブなのか分からない。

それに声がやっぱり素晴らしいです。

声優ネタを続けると、2004年に公開された映画「ハウルの動く城」での顔が出ないのにキムタクさが際立つ演技もとても強く印象に残っています。

正夫お兄ちゃんのダメダメキャラが渡部篤郎さんにぴったり!

ダメダメお兄ちゃん正夫の縁談はまたしてもダメになってしまいましたが、佐千絵の気持ちがちょっとだけ伝わったような場面もありました。

いざその気持ちに気がつくと、空回りしてどこかへ飛んで行ってしまいそうな気もして心配です。杏子ちゃんも言っていましたが、どこがそんなに良いのかしら?

正夫おにいちゃん。リケジョならではの鋭い分析で佐千絵は正夫に惹かれているのかな。そんな訳ないですよね~笑

沈みがちだけど、応援したくなる杏子ちゃんに注目!

杏子ちゃんは今回は沈みがちです。うきうきした気持ちを封印してしまいます。怖かったのも知れません。

今のままならまだ誰も傷つかない…

そう思ったのかも知れません。

でも柊ニに見せる笑顔がとびきり過ぎます!柊ニといると鬱々とした気持ちが晴れるのを感じているはずです。

柊ニを信じるのは難しいけれど、信じてみることはできると思うんだ。

そして自分のことも信じて欲しいです。杏子ちゃんは人を思いやれる心を持った素敵な女性です。愛される資格なんてものはないのだから。

会いたいという気持ちが杏子ちゃんを奮い立たせるシーンがあります。

柊ニを想う懸命さが感じられて応援したいと思いました。ふたりにはこれからもキラキラと輝く想い出をたくさんつくって欲しいな……切に願った第4話でした。